EVO Liteシリーズ



よくある質問

リモートIDは対応していますか?
リモートID内蔵型機種です。リモートIDの設定方法は参考動画をご参照ください。
動画はこちら⇒https://www.youtube.com/watch?v=NDGbd7GQxto
ATTIモード対応機種ですか?
ATTIモードでの飛行が可能な機種です。飛行アプリ内の詳細設定から設定可能になります。
プロペラガードはありますか?
メーカー純正のプロペラガードが販売されています。
自動飛行可能ですか?
自動飛行の機能は持ち合わせておりません。自動飛行はEVOⅡ V3シリーズから可能となります。
保証はありますか?
メーカー保証は新品購入から1年間です。但し、初期不良(製品不具合)のみ保証ですのでお客様の瑕疵による故障は対象外となります。修理はお問い合わせフォームからご相談ください。

EVO Lite+

闇を切り裂き
夜を映し出す

ムーンライトの世界

1インチのCMOSイメージセンサーとAutelのインテリジェントなムーンライトアルゴリズムを搭載。
EVO Lite+は、ISO感度を上げてもノイズが少なく、夜間でも細部まで鮮明に撮影することができます。

絞りをコントロール

F2.8から11まで調整可能な絞りで、露出や被写界深度を自由に変更が可能。
自分に合ったスタイルを表現することができます。

1″ CMOS20MP

F2.8~F116K/30FPS Video

自然な色を再現

コントラストが強すぎるシーンを撮影するときに、露出オーバーと露出アンダーのバランスを自動的に調整し、より多くのレイヤーでより鮮明な画像を生成します。

Defog モード

夜明けの薄暗いシーンや、滝のふもとでホバリングしている場合でも、鮮やかさを自動的に調整して鮮明でクリアに見せるフォグペネトレーション機能でくっきりと撮影します。

EVO Lite

簡単
軽量
手軽さ

世界初、4軸ジンバルデザイン

EVO Liteは、世界で初めて4軸ジンバルを採用したドローンで、垂直方向の動画を撮影し、モバイルデバイスで簡単に編集・共有することができます。

超高感度50メガピクセルカメラ

1/1.28インチのCMOSセンサーを搭載した超高感度50MPカメラにより、新しいレベルの画質を体験できます。このカメラは、従来のRGGB配列よりも光の吸収率が40%高いRYYBカラーフィルター配列デザインを採用しており、自然の風景を余すところなく撮影することができます。

RYYBSensor50MPPhoto4K HDRVideo

1/1.28″(0.8″)CMOSPDAF+CDAFLens

HDRビデオ

シャドー部とハイライト部の豊かなディテールを維持し、洗いざらしの写真が、ベルベットのような深い影と鮮やかな色の生き生きとした芸術作品に生まれ変わります。

インスタントフォーカス

位相差オートフォーカスとデュアルフォーカスアルゴリズムにより、数ミリ秒でロックする正確なオートフォーカスで、動きの速い被写体を追いかけることができます。

新しいカラーバリエーション

Deep Space Gray


Arctic White


Autel Orange


シングルクリックでシネマチックな映像を撮影

4つの自動撮影モードにより、ボタンを押すだけでプロ並みのドラマチックな写真が撮影できます。
Autel Skyアプリでサウンドトラックやフィルターを追加すれば、より壮大な映像になります。ベテランパイロットからドローン初心者まで、思い出に残る映像を作ることができます。

セルフィー撮影

ボタンを押すと、Liteは空中に舞い上がり、あなたと仲間の写真を撮ります。自動的にぼかして映画のような効果を出したり、山の頂上や自宅の裏庭など、壮大な目的地をドラマチックに表現したりすることができます。

ダイナミックトラック 2.1

マスター・サブジェクト・トラッキング
人や動物、車などを自動的に追いかけることができます。あなたが操作に集中している間、Liteはシネマティックな撮影を行います。

フライフリー
ノータイムラグ
ノーリミット

Autel SkyLinkは、伝送距離7.4マイル(11.9km)(※米国値)、伝送品質2.7K/30FPS、優れた干渉防止機能を備えた最強の画像伝送システムで、鮮明なHDビデオを伝送しながら、より遠くまで飛ばすことができます。

超高感度50メガピクセルカメラ

1/1.28インチのCMOSセンサーを搭載した超高感度50MPカメラにより、新しいレベルの画質を体験できます。このカメラは、従来のRGGB配列よりも光の吸収率が40%高いRYYBカラーフィルター配列デザインを採用しており、自然の風景を余すところなく撮影することができます。

2.4/5.8/5.2GHz
7.4 Miles(11.9km ※米国値)
2.7K/30FPS

アプリケーション
Autel Sky
動画編集

ソナーサウンド:すべてを録音

スマートフォンを通じて地上の声や環境音を録音することで、ドローンが何マイルも上空にいても、生き生きとした動画にすることができます。

数秒でスナップ&シェア

撮影が終わったら スマートフォンをLiteに近づけるだけで、Autel Skyアプリを使って160Mbpsの高速通信で写真や動画をアップロードできます。

ムービーマスター: 簡単にできるムービー

Autel Skyアプリからお気に入りのテンプレートを適用して、素早く簡単にムービーを作ることができます。面倒な編集作業を大幅に軽減し、作った作品をすぐに共有することができます。

超広角の障害物回避機能

オーテルの新しい超広角障害物回避カメラで、これまで以上に速く、安全に、そして自信を持って飛行することができます。このセンサーにより、EVO Liteは正面から150度の視野を持ち、従来のシステムよりも多くのブラインドスポットを排除し、必要なカメラの数を減らすことができます。

業界最高水準のバッテリーライフ

EVO Liteは、このサイズのドローンで唯一40分の耐久性を実現しており、他社よりも30%多い飛行時間を実現しています。

スペック

機体ジンバルセンシングシステムカメラリモートコントローラーと画像伝送アダプター機体バッテリーアプリストレージ
離陸重量 835g
寸法(プロペラ含む) 折りたたみ:210×123×95mm
展開:427×384×95mm
対角寸法 368mm
最大上昇速度 5m/s (ludicrous), 4m/s (standard), 3m/s (smooth)
最大降下速度 4m/s (ludicrous), 3m/s (standard), 2m/s (smooth)
最大飛行速度(無風、海面近く) 18m/s (ludicrous), 10m/s (standard), 5m/s (smooth)
最大飛行高度 5,000m
最大飛行時間(無風) 40分
最大ホバリング時間(無風) 38分
最大飛行距離(無風) 24km ※米国値、伝送距離ではありません
耐風性能 レベル7
最大傾斜角度 33°(ludicrous), 25°(standard), 25°(smooth)
最大角速度 200°(ludicrous), 120°(standard), 60°(smooth)
動作環境温度 0℃ ~ 40℃
動作周波数 2.400-2.4835GHz、5.725-5.850GHz、5.150-5.250GHz
送信電力(EIRP) FCC:≤30dBm; CE:≤20dBm
GNSS GPS、GLONASS、Galileo
ホバリング精度 垂直:±0.1m(ビジョンセンサーONの場合)、±0.5m(GPS測位あり)
水平:±0.3m(ビジョンセンサーONの場合)、±1.5m(GPS測位あり)
メカニカルレンジ Lite Lite+
ピッチ:-135°〜45°
ロール:-45°〜45°
ヨー:-90°〜90°
回転:-400°〜400°
ピッチ:-135°〜45°
ロール:-45°〜45°
ヨー:-90°〜90°
コントロールレンジ ピッチ:-90°〜30°
ヨー:-80°〜80°
回転:-360°〜360°
ピッチ:-90°〜+ 30°
ヨー:-80°〜+80°
安定性 4軸(水平/垂直/傾斜/回転撮影) 3軸
最大制御速度(ピッチ) 30°/s 30°/s
角度振動範囲 ±0.003° ±0.003°
前方 正確な測定範囲:0.5〜18m
有効検出速度:<12m /s FOV:水平<70°、垂直<88°
後方 正確な測定範囲:0.5〜18m
有効検出速度:<12m/s FOV:水平<40°、垂直<30°
下方 正確な測定範囲:0.5〜22m
視覚的なホバリング範囲:0.5〜40m
FOV:水平<40°、垂直<30°
動作環境 前方、後方:パターンがはっきりしていて、十分な明るさのある面(lux> 15)
下向き:明確なパターンと適切な照明(ルクス> 15)を持つ表面
拡散反射面(20%以上)を検出(壁、木、人など)
センサー Lite Lite+
CMOS:1/1.28インチ
有効画素数:50M
ピクセルサイズ: 1.22μm*1.22μm
CMOS:1インチ
有効画素数:20M
ピクセルサイズ:2.4μm*2.4μm
レンズ FOV:85°
等価焦点距離:23mm
絞り:f/1.9
フォーカス範囲:0.5m~∞
フォーカスモード:PDAF+CDAF/MF
FOV:82°
等価焦点距離:29mm
絞り:f/2.8~f11
フォーカス範囲:0.5m~∞
フォーカスモード:CDAF/MF
ISOレンジ Video: ISO100 ~ ISO6400
Photo: ISO100 ~ ISO6400
Night scene mode: ISO 最大64000
Video: ISO100 ~ ISO6400
Photo: ISO100 ~ ISO6400
Night scene mode: ISO 最大48000
シャッタースピード Photo mode: 1/8000 ~ 8s
Other: 1/8000 ~ 1/frame rates
Photo mode: 1/8000 ~ 8s
Other: 1/8000 ~ 1/frame rates
ポートレートブラー リアルタイム画像転送ポートレートぼかし、
写真ポートレートぼかし
リアルタイム画像転送ポートレートぼかし、
写真ポートレートぼかし
Defogモード サポート サポート
ズームレンジ デジタルズーム 1〜16倍
ロスレス・ズーム 4K:2倍、1080p:4倍
4K:2倍を超えるとデジタル
1080P: 4倍を超えるとデジタル
デジタルズーム 1〜16倍
ロスレス・ズーム 4K:1.3倍、1080p: 3倍
6K:デジタルズーム
4K:1.3倍を超えるとデジタル
1080P: 3倍を超えるとデジタル
静止画フォーマット JPG(8-bit)/ DNG(10-bit) / JPG+DNG JPG(8-bit)/ DNG(10-bit) / JPG+DNG
静止画解像度 50MP:8192×6144(4:3)
12.5MP:4096×3072(4:3)
4K:3840×2160(16:9)
5472×3648 (3:2)
5472×3076 (16:9)
3840×2160 (16:9)
静止画シューティングモード シングルショット
バーストシューティング 3/5
自動露出ブラケット(AEB): 3/5ショット
撮影間隔:2秒/3秒/4秒/5秒(デフォルト)/6秒/…/60秒(DNG最小5秒)
HDRイメージング: 8192×6144/4096×3072/3840×2160
HyperLight: 8192×6144/4096×3072/3840×2160
シングルショット
バーストシューティング 3/5
自動露出ブラケット(AEB): 3/5ショット
撮影間隔:2秒/3秒/4秒/5秒(デフォルト)/6秒/…/60秒(DNGは最短5秒)
HDR撮影。5472×3648/3840×2160
HyperLight: 5472×3648/3840×2160
ビデオコーディングフォーマット H265/H264 H265/H264
ビデオフォーマット MP4/MOV(8-bit) MP4/MOV(8-bit)
動画解像度 3840×2160 p60/50/48/30/25/24
2720×1528 p60/50/48/30/25/24
1920×1080 p120/60/50/48/30/25/24
HDR:
3840×2160 p30/25/24
2720×1528 p30/25/24
1920×1080 P60/50/48/30/25/24
5472×3076 p30/25/24
3840×2160 p60/50/48/30/25/24
2720×1528 p60/50/48/30/25/24
1920×1080 p120/60/50/48/30/25/24
HDR:
3840×2160 p30/25/24
2720×1528 p60/50/48/30/25/24
1920×1080 p60/50/48/30/25/24
最大ビットレート 120Mbps 120Mbps
タイムラプス Original image:3840*2160,JPG/DNG
Video:4K P25
Original image:5472*3076/3840*2160,JPG/DNG
Video:5.4K/4K P25
パノラマ 水平/垂直/広角/球形
Original image: 4096*3072,JPG/DNG
水平/垂直/広角/球形
Original image: 5472*3648, JPG/DNG
ファイルシステム Fat32、exFat Fat32、exFat
WIFI転送 20MB/s 20MB/s
動作周波数帯 2.400-2.4835GHz,5.725-5.850GHz, 5.150-5.250GHz
最大伝送距離(遮蔽物無し、干渉無し) FCC:12km;CE:6km ※日本国内調査中
動作環境温度 0℃~40℃
送信電力(EIRP) FCC:≤30dBm; CE:≤20dBm
バッテリー容量 3930mAh
最大バッテリー稼働時間 〜2.5h(携帯電話、接続時)
〜3.5h(携帯電話、未接続時)
インターフェースタイプ タイプ C
伝送システム Autel SkyLink
リアルタイム伝送品質 伝送距離<1km:2.7K30fps 伝送距離>1km:1080P 30fps
※使用するWi-Fiにより変わる可能性がございます。
伝送ビットレート 90Mbps
伝送遅延 ≤200ms
入力 100-240V / 50-60HZ
出力 12.75V⎓5A
定格出力 63.75W
容量 6175mAh
電圧 11.13V
最大充電電圧 12.75V
バッテリータイプ Li-Po 3S
電力量 68.7Wh
充電温度 5〜45℃
作動温度 -10℃~40℃
シングルバッテリー充電時間 90分
最大充電電力 78W
モバイルアプリ Autel Sky
必要なモバイルシステム iOS 13.0以降
Android 6.0以降
内蔵ストレージ 6GB
SDストレージ 最大 256GBをサポート(UHS-3定格が必要)

その他の質問

非GPS環境でも飛行できますか?
飛行可能です。下方センサー(ビジョンセンサー、超音波センサー)を使い低空でも機体を制御いたします。水面や反射面(鏡やガラスなど)、特徴点の無い地面上ではセンサーが正常に機能しないことがあるため飛行させないことをお勧めします。
アカウントへのログインは必須ですか?
必須ではありません。アカウント登録せずにすぐに飛行可能です。
飛行アプリは無料ですか?
無料です。APPストアまたはGoogle Playからダウンロードください。
障害物回避センサーはありますか?
前後下方向の障害物回避センサーが備わっています。
また3方向の検知距離/角度が異なります。
 前方:0.5 ~ 18 m 水平方向<70°、垂直方向<88º
 後方:0.5 ~ 18 m 水平方向<40°、垂直方向<30°
 下方:0.5 ~ 22 m 水平方向< 40°、垂直方向< 30º ※ご注意
 ・ビジョンシステムには、カバー範囲外にデッドゾーンがあります。安全確保のため、飛行中は周囲の環境や注意事項に気を配る必要があります。
 ・光量の不足する複雑な環境、小さな物体(小枝、線、網など)、動く物体、透明な面(窓など)、反射する面(鏡など)では、機体を操作しないようにしてください。

■使用上のご注意
 1.機体がGPS またはビジョンポジショニングのモードであることを確認します。
 2.フライトLED インジケータが緑色にゆっくり点滅するか、赤色に2 回点滅したら離陸してください。
 3. GPS 信号が弱い場合や、視力測位ができない場合は、細心の注意が必要です。
 4.ビジョンシステムおよび超音波システムは、機体下方の表面の明るさや質感の影響を受けます。

 以下の表面の上空を飛行しないようにしてください。
  ・純色の表面(純黒、純白など)
  ・反射率の高い面や逆反射する面(氷面など)
  ・水面や透明な面
  ・光が頻繁に変化する面
  ・特に暗い、または明るい物体表面
  ・動いている面(交通量の多い道路など)
  ・吸音性のある面(厚いカーペットなど)
  ・テクスチャがまばらな面(電柱やパイプラインなど)
  ・反復性の高いパターンからなる表面(タイルなど)
  ・小さな障害物(木の枝、電線など)
 5. 雨天や霧など、視界が100m 以下になるような場面での飛行は避けてください。
 6. 飛行前にビジョンシステムの表面をチェックし、双眼カメラのレンズとセンサーがきれいで覆われていないことを確認してください。
  ・表面のフィルムやシールなどのカバーを外します
  ・水滴、指紋、汚れなどをきれいにする。(アルコールなどの有機溶剤ではなく、ほこりの出ない布などで)
  ・表面に脱落、亀裂、傷、摩耗などがある場合は、修理に出してください
 7. 超音波システムの障害を避けるため,超音波距離計,故障検出器,洗浄機,溶接機などの40 kHz 超音波機器を使用しないでください。

室内で動作しますか?
動作します。屋内での飛行の場合、光量不足、GPS 信号の届かない場所、狭い場所などで、一部の機能が制限される場合があります。
また障害物センサーがONの場合にも環境によって検知距離が異なる場合がありますのでご注意ください。
耐風性能はどのくらいですか?
最大耐風性能はクラス7 (14~16.5m/s; 32~38mph)です。
防水性能はありますか?
防塵防滴性能はありません。
記録媒体は?
最大保存容量256GB のSD カードに対応しています。ハイビジョン動画を撮影する場合は、Class10 またはUHS-3 のMicro SD カードを使用することをお勧めします。
バッテリーのメンテナンス方法は?
 1. バッテリーを -10°C 未満または 40°C を超える温度にさらさないでください。バッテリーの寿命が短くなり、火災、爆発、またはその他の永久的な損傷が発生する可能性があります。
 2. 飛行直後にバッテリーを充電しないでください。バッテリーが室温まで冷えるまで待ってから充電することをお勧めします。
 3. バッテリーの充電に最適な周囲温度は 10 °C ~ 30 °C です。
 4. バッテリーの理想的な保管温度は 22 °C ~ 28 °C です。バッテリーは防水性と防湿性の環境に保管し、日光から保護する必要があります。
 5. バッテリーをアクティブに保つために、3 か月ごとにバッテリーを充電および放電します。
バッテリーの充電時間はどのくらいですか?
各バッテリーを完全に充電するには約 90 分かかります。
スマートコントローラーSE,V3に互換性はありますか?
ありません。
LiteとLite+の違いは何ですか?
カメラ性能に違いがあり、その他の性能は同じです。
Lite:1/1.28’CMOS、50M
Lite+:1’CMOS、20M
機体とコントローラーのペアリング方法は?
■方法1
 1.機体とリモコンの電源を入れ、機体のバッテリーボタンをダブルクリックします。機体背面のLED が素早く点滅し、ペアリングの準備が整ったことを示します。
 2.リモコンと携帯電話を接続し、Autel Sky App を操作して、「パーソナルセンター」の「新しい航空機を接続」をクリックし、ペアリングの指示に従って操作してください。
 3.ペアリングに成功すると、機体尾部のLED が5 秒間点灯し、その後ゆっくりと点滅します。アプリは画像送信インターフェースに切り替わります。

■方法2
 1.機体の電源を入れ、機体のバッテリーボタンをダブルクリックする。機体背面のLED が素早く点滅し、ペアリングの準備が整ったことを示します。
 2.電源ボタンを長押しとホームボタンを同時に3 秒以上押すと、リモコンの電源がオンになります。リモコンのインジケーターが素早く点滅し、ペアリングの準備が整ったことを示します。
 3.ペアリングに成功すると、機体後部のLED が5 秒間点灯し、その後ゆっくりと点滅します。
※重要
 ・周波数ペアリングを行う場合、航空機はリモコンから0.5m 以内を維持しなければならなりません。
 ・新しいリモコンが航空機との周波数ペアリングに成功すると、古いリモコンは航空機と接続されなくなります。
 ・ペアリングの際、携帯電話がリモコンから外れてしまった場合は、60 秒以内に再接続してください。

コントローラーに付けられるデバイスの大きさは?
おおよそ6.7インチ(iPhone 13 Pro Max)のスマートフォンが取り付け可能です。
基本パッケージには何が含まれますか?
パッケージ内容はこちらをご参照ください。
https://drone.kmtech.jp/autel-evo-nano-price