Parrot ANAFI USA



よくある質問

リモートIDは対応していますか?
リモートID内部対応機種ではない為、外付けリモートID機器の搭載が必要です。TEAD社の「TD-RID」のみメーカー保証(初期不良)対象となります。購入に合わせて弊社でご用意も可能ですのでご相談ください。
デバイスの推奨OSはありますか?
iOSまたはandroid対応デバイスで、飛行アプリ”FreeFlight6 USA”での動作ができるバージョンが必要です。
■iOS:14.0以降
■Android:7.0以上
動作環境の最新情報はAppストアまたはGooglePlayで”FreeFlight6 USA”と検索の上、ご確認ください。
保証はありますか?
メーカー保証は新品購入から機体1年間、バッテリー及びプロペラ半年間です。但し、初期不良(製品不具合)のみ保証ですのでお客様の瑕疵による故障は対象外となります。修理はお問い合わせフォームからご相談ください。
またアップデートは必須であり最大限の性能と安全性を確保する為、毎フライト前に確認/実施ください。アプリケーション/機体/コントローラー/バッテリーの最新ファームウエアをご使用で無い場合は保証対象外となりますのでご注意ください。
その他、飛行前の各キャリブレーションの実施、microSDカードの装着など保証適用要件及び注意点、運用チェックリストはユーザーマニュアルやクイックガイド、メーカー公式サイトなどでご案内しておりますので必ずご確認ください。※メーカーでは安全性と性能向上により不定期にアップデートを実施いたします。
記録媒体で互換性のあるMicroSDカードは?
互換性のあるSDカードリストはメーカー公式サイト(Parrotオンラインドキュメント)でご覧いただけます。https://www.parrot.com/en/support/anafi/compatible-microsd-cards
プロペラガードはありますか?
メーカーでのリリースはございませんが、メーカー承認の製品がございます。詳細は弊社までお問い合わせください。

MADE IN USA

ANAFI USAモデルは、Parrotが米軍向けに開発したShort-Range Reconnaissance(SRR)ドローンと同じハイエンドサービス(安全性、耐久性、最先端の画像品質)を提供します。
その暗号化およびデータ機密性機能は、欧州の一般データ保護規則(GDPR)に完全に準拠しているため、機密性の高いミッションに最高レベルのプライバシーとセキュリティを保証します。


ANAFI USA – 世界的な信頼と実績のドローン

ANAFI USAは、米国政府機関および米国国防総省(DOD)のために信頼できるベンダーとシステムを開発したDIU(Defense Innovation Unit)のBlue sUAS(小型無人航空機)プログラムの一員です。
ANAFI USAはNDAAとTAAに準拠しています。

現在、ANAFI USA(特別仕様バージョン)は、公共安全、政府機関、防衛機関、ファーストレスポンダー及び企業によって世界的に導入され、信頼されています。

Parrot Skycontroller 4

デバイス未装着状態

デバイス装着状態

Parrot Skycontroller 4は、8インチまでのすべてのスマートフォンとタブレット端末に対応しています。USB-Cとmicro-HDMIポートにより外部出力を行うことができます。IP5Xの防塵性能と3時間~6時間(使用機器、充電状態により異なります)のバッテリー駆動時間によりミッションを完了することができます。

32倍ズームカメラサーマルカメラ迅速な操作性サイバーセキュリティ製品仕様

最大2km先の人物を注視


EOカメラ2台の主な特徴

ワイドアングルEOカメラ

  • 1/2.4’’

  • RGB:4K HDR(24fps)

  • 静止画:21MP

  • 角度解像度:0.016°/px

  • MTF(Modulation Transfer Function):45% @160lp/mm

  • ズーム:1080pで1倍⇒5倍

  • 絞り:F2.4

望遠EOカメラ

  • 1/2.4’’

  • RGB:4K HDR(24fps)

  • 静止画:21MP

  • 角度解像度:0.004°/px

  • MTF(Modulation Transfer Function):45% @160lp/mm

  • ズーム:1080pで5倍⇒32倍

  • 絞り:F2.4

継続した1倍~32倍ズーム

ワイドカメラ(1倍~5倍)と望遠カメラ(5倍~32倍)のフォーカルリープは自動で行われ、継続ズームを保証しています。

光学ユニット

低分散非球面レンズのアーキテクチャを採用しています(ワイドレンズとテレレンズの対角視野はそれぞれ110°と26°)。光学ユニットは、広大な温度範囲(-43℃~45℃)で高解像度の画像を提供しながら、寄生光のレベルを最小化するように最適化された6枚のレンズで構成されています。

対角(DFOV)および水平(HFOV)視野角

ワイドカメラのレンズは、110° DFOV でセンサーの対角線全体をカバーします。標準ビデオ モードでは 69° HFOV、標準写真モードでは 75° HFOV を実現します。

望遠カメラのレンズは、26° DFOV でセンサーの対角線全体をカバーします。標準ビデオ モードでは 16° HFOV、標準写真モードでは 16° HFOV を実現します。

ロスレス・ズーム機能

ANAFI USAの光学ユニットにより、4K-UHD(3840×2160 px)で5倍ロスレス・ズーム、フルHD(1920×1080 px)で10倍ロスレス・ズーム、HD(1280×720 px)で15倍ロスレス・ズームを実現します。さらに、ANAFI USAの画像は27倍ズームでもDVD画質(720x480px)に達します。

角度分解能と識別可能な詳細

レンズの角度分解能は、関連するセンサーの2つのピクセル間の角度間隔を表します。ANAFI USAの望遠レンズの角度分解能は0.004°で、1,500m離れた場所で10cm、150m離れた場所で1cmのディテールを識別することが可能です。

光学ユニット製造:アクティブアライメント

光学ユニットは、アクティブアライメント技術によりセンサーと組み合わされます。光学ブロックは、ロボットアームを用いて位置決めされ、所定の位置に保持され、以下の性能を実現します。

  • 光学ブロックはセンサーの上に配置され、設定温度 (23°C +/- 2°C) で目的の焦点を確保し、シーンの解像度仕様を保証

  • ヨー、ロール、ピッチで、光学ブロックは光軸に対して位置決めされ、画像のエッジで均一な解像度を実現

  • 光学ブロックの軸とセンサーを一致させることで、画像中心部で最高の性能を発揮

  • 光学中心とセンサー中心を最終的に一致させます(±20ピクセルまたは22マイクロメートル)

ISPの画質仕様を保証するために、工場では画像キャリブレーションを行います。各光学ユニットには、光学中心、デッドピクセルマッピング、レンズシェーディングマッピング(輝度・色)、ホワイトバランスが内部メモリに記録されています。

品質

生産工程の中で、いくつかの光学テストを実施します。

  • イメージセンターでのMTF(Modulation Transfer Function)チェック

  • 画像境界のMTF(Modulation Transfer Function)チェック

  • 生産中のカメラモジュールチェック
    センターMTF
    フィールドのMTF 40%
    フィールドのMTF 70%
    軽い傷(画像上の暗い部分または明るい部分、埃の疑い)
    ドット抜け(総数チェック)
    光学センター
    フィールドでの輝度・色の均一性

  • 外観上の不具合(汚れ、傷など)

最大40mの高度からセンチメートル単位のホット スポットを検出

赤外線カメラの性能

スペクトラム 長波長赤外線:8~14μm(マイクロメートル)
解像度 320x256px
ピクセルピッチ 12μm(マイクロメートル)
感度 0.05°C
焦点距離 4.3mm
HFOV 50°
周波数 20Hz
測定可能な温度範囲 -40°C ~ +150°C
シャッター メカニカルシャッター

FLIR Bosonの性能

ANAFI USAでは、60HzのFLIR Bosonマイクロボロメーターを搭載しています。このモジュールにはメカニカルシャッターが装備されており、センサーは何度でも自動再調整を行い、各サーマルピクセルの反応を完全に一致させることが可能です。FLIR Bosonのレンズは50°のHFOV性能です。

カラーリングモード

ANAFI USAのサーモグラフィーカメラは、2つの補完的なカラーリングモードを備えており、ドローンがあらゆるミッションに適応することを可能にします。

相対モード

相対モードは、0(濃い青)から100(明るい黄色)までのカラースケールで、シーンのサーモグラフィーの全体像を表示します。

Freeflight6 USAの画面キャプチャ:相対モード

スポットモード

ユーザーのニーズに応じて、画像の最も冷たい部分または最も熱い部分のみをカラー化します。

Freeflight6 USAの画面キャプチャ:スポットモード

メディアフォーマット

ANAFI USAでは、以下のメディアフォーマットを制作しています。

写真

  • フォーマット:JPEG

  • 解像度:1280x720px

  • 静止画:21MP

  • モード:シングル/タイムラプス/GPSラプス

ビデオ

  • フォーマット:MP4(H.264)

  • 解像度:280x720px,9fps

カラーパレット

  • フュージョン

  • レインボー

  • ホワイトホット

  • ブラックホット

サーマルアナライザーモード

FreeFlight6 USAのサーマルアナライザー機能は、お使いのデバイスから直接、迅速な熱分析を実現する優れた機能を提供します。

この機能により、ANAFI USAで撮影したサーモグラフィーのビデオや写真の画面表示を完全に制御することができます。
アナライザーでは、以下のことが可能です。

  • 右上のプレビューの設定アイコンから直接温度設定にアクセスします

  • サーモグラフィーの動画内をナビゲートすることが可能

  • サーモグラフィーのモード(相対、ホットスポット、コールドスポット)および関連する閾値を、動画や写真の任意の位置で変更可能

  • 可視光線と熱光線のブレンドを変更可能

  • スクリーンショットを何枚でも保存可能

サーモグラフィービデオプレビュー:相対モード(Android)

アナライザーモードでは、写真が表示されたり、動画が再生されます。以下の画面キャプチャ(ビデオ分析から抜粋)に示すように、このインターフェースでは、撮影に利用できるほとんどのオプションにアクセスすることができます。

同一画像(ホット):スポットモード(Android)

熱画像と可視画像のブレンディング

ANAFI USAでは、可視画像と比較して熱画像の解像度の低さを補い、熱スペクトルでは得られない情報を追加するために、2台のカメラの情報を融合して表示します。可視画像のデータは、輝度に応じて結果映像に挿入され、シーンの輪郭が強調表示されます。

画像のブレンドは、以下のように構成されています。

  • 可視画像を取得

  • 熱画像データを取得

  • 熱画像データを再投影

  • 熱画像をカラー化

  • 可視画像の輪郭を抽出

  • ブレンディング

NFZ(ノーフライゾーン)制限なし

コンセプション

主な特徴

  • 超軽量:500g

  • 折りたたみサイズ:252x104x65mm 超ポータブルサイズ

  • サーモグラフィーのモード(相対、ホットスポット、コールドスポット)および関連する閾値を、動画や写真の任意の位置で変更可能

  • IP53条件で、少なくとも32分間機能するフルバッテリー飛行

  • NFZ(ノーフライゾーン)なし

折りたたみ時(長さ×幅×高さ) 252x104x65mm
展開時(長さ×幅×高さ) 282x373x65mm
質量 500g
飛行開始まで 55秒
動作温度範囲 -36°C ~ +50°C
防塵・防滴 IP53

コンパクト性

コンパクトで軽量なANAFI USAは、1.7リットルの容積で500gの重さです。ANAFI USAは、バックパックやケースに入れて持ち運ぶことができます。

ANAFI USAは、エンタープライズおよびミリタリーセグメントにおける同カテゴリーのドローンの中で、最もコンパクトなドローンです。ANAFI USAは3秒で展開されます。プロペラブレードシステムは、固定ピッチプロペラとは異なり、機体への乱雑影響を軽減します。

プロペラの交換には工具が不要で、モーターの回転方向と反対方向にねじ込むだけなので、小さな可動部品を紛失する心配がありません。


堅牢性

ANAFI USAの機械構造は、主にポリアミド製で、カーボンファイバーで補強され、中空ガラスビーズで流線形化されています。
ANAFI USAのモーターは、埃や砂、雨から守るため、熱を逃がすことができる横長のベント付きカバーが装備されています。
ANAFI USAの垂直カメラと超音波センサーは、両方のセンサーを保護するカラーによって雨から守られています。


ANAFI USAは以下のテストに合格しています。

  • IPX3(CEI60529規格):IPX3(10リットル/分)において、少なくとも1回の充電時間(32分)での耐雨性

  • IP5X:32分以上の防塵性能(CEI 60529)

  • 湿熱(+40℃、湿度93%)16時間(NF EN 60068-2-78)

  • 乾熱(+50 ℃)16時間(NF EN 60068-2-2)

  • 熱衝撃:-36°C および +43°C で1時間サイクルを20回 (NF EN 60068-2-14)

  • 極端な温度:-20°Cおよび+70°C、4時間(NF EN 60068-2-1 & NF EN 60068-2-2)

  • 低温での使用:-36℃、16時間(NF EN 60068-2-1)

  • 常温で92フライト連続飛行時間、機械的摩耗なし

  • ANAFI USAは、1mの高さからコンクリート上に18回(左右3回ずつ)落下させて機能的に問題なし

空気力学

推進システム

  • ANAFI USAのプロペラのブレードは、ザトウクジラの胸ビレの前縁にあるノブから着想を得たバイオミミクリーによるものです

  • 2枚のブレードで構成されたプロペラは、ネジで固定するだけです

  • ANAFI USAは、飛行の観点から、1.5倍重く、2 倍扱いにくいドローンよりも優れています


ザトウクジラブレードのメリット

1.ブレードの概念により、各ブレードの境界層の一時的な分離が最小限に抑えられ、次のことが可能になります。

  • モーター回転数(rpm)を一定にして推力を回復させる、あるいはモーター回転数を下げて推力を維持させる

  • ブレードのねじれによるメカニカルパワーの上昇感度を最小限に抑える

したがって、ANAFI USA は、より高いエンジン トルクを得るために低い回転速度で、その直径の理論上の能力よりも高い出力を持つローターをエミュレートします。

2.ブレードの前縁の音響パワーを抑え、飛行音を低減しています。

  • ANAFI USAのモーターは強力(46W)で、ホバリング時の出力は70%(機械的パワー÷電気的パワー)です。全飛行範囲においてブレードの特性を最適化するために考案されました

  • ANAFI USAは、業界で最も優れた重量/飛行時間の比率を保持しています。32分の飛行時間、低重量(500g)、変換チェーンの高い歩留まりにより、ドローンは高速(54km/h)かつ遠距離(理論的アウトリーチ:40,6km/hで17,4km)を飛行することができます

耐風性:54km/h

1mでの音響パワーレベル:84dB

空力性能

  • 最大速度:14.7m/s

  • 耐風性能:14.7m/s

  • 飛行時間:32分

  • 最大上昇速度:4m/s

  • 最大降下速度:3m/s

  • サービス上限:6000m (MSL:平均海面)

  • 理論的アウトリーチ:17.4km

  • 最大角速度:300°/s

Parrot Skycontroller 4

  • サイズ:238x147x55mm

  • 最大サイズ:315x147x55mm

  • 質量:610g

  • 伝送方式:Wi-Fi 802.11 a/b/g/n

  • 動作周波数:2.4GHz、UNII-1およびUNII-3

  • ダイレクトビデオストリーム解像度:720p

  • 充電時間:3時間45分、最大6時間使用可能

  • IP5X:防塵

  • Micro-HDMIポート

座標による飛行 (ターゲットにカーソルを合わせる)

ANAFI USAは、ドローンの周囲にある任意の座標、あるいはドローン自体のGPS位置を即座に表示、再利用、共有することができるフライバイコーディネート機能を備えています。特に、ANAFI USAが検知した地点や人物の位置を正確に把握するのに有効です。

品質

  • ParrotはISO9001の認証を取得しています

  • すべてのドローンは、プロダクションベンチ(FVT)で制御されています

  • ベンチ#2:IMUの温度校正と気圧計、地磁気計のテスト

  • ベンチ#3:IMUと磁力計の動的キャリブレーション

  • ベンチ#4:磁力計のモーター外乱測定

  • ベンチ#5:超音波テスト

  • 飛行テスト:すべてのドローンは、製造工程の最後に、離陸、ホバリング、着陸の飛行テストを実施

  • IP5X:防塵

  • Micro-HDMIポート

開発サイクルにおいて、数多くの耐久性テストを実施しています。その結果に基づき、最適なドローンサイズを追求しています。

信頼できるドローン – Made in USA


セキュリティ

ANAFI USAは、ドローンに保存されたデータやネットワークを通じて送信されたデータを保護し、ソフトウェアへの悪意のある改造攻撃からドローンを保護します。

ソフトウェアの完全性とドローンの保護

ANAFI USAのソフトウェアはデジタル署名されており、各アップデートはParrot社からのもので、変更されていないことを保証しています。

ANAFI USAのオペレーティングシステムへのアクセスは保護されています。ドローンは、その組み込みシステムに対するローカルアクセスもリモートアクセスもできません。

ネットワーク接続のセキュリティ

ドローンとそのコントローラー間のネットワークリンクは、WPA2保護(802.11i標準)で認証され、暗号化されます。WPA2は、128ビットの暗号化キーを含むAES CCMP暗号化に基づいています。AES CCMPには、ネットワークリンクの認証と完全性を保証するCBC-MACメカニズムが含まれています。

ドローンとコントローラーの組み合わせごとに、固有の暗号化キーが生成されます。さらに、ユーザーは独自のキーを定義することができます。

802.11で保護された管理フレームは、サービス拒否を引き起こす可能性のあるディスアソシエーションアタックを防止するために有効です。

SDカードの暗号化

SDカードをフルディスク暗号化することで、たとえ第三者によってドローンが確保されたとしても、ドローンに保存されているデータの機密性を保護します。

暗号化が有効になると、ビデオと写真はAES-XTSと512ビットのキーで暗号化されたLUKS2ボリュームに保存されます。各コンテナに固有の識別子を使用することで、複数のドローンで使用できる一連のSDカードを管理することができます。

SDカードは一度暗号化されると、暗号化キーがなければ決してアクセスすることができません。パスフレーズはFreeFlight 6 USA によって保持され、、ドローンに永久保存されることはないので、フォレンジック解析から保護されます。

データ管理

デフォルトでは、コントローラーであるANAFI USAとFreeFlight 6 USAは、Parrotや第三者とデータを共有しません。ユーザーは、フライトログの共有を有効にしてオンラインで保存し、ドローンのサポートを容易にし、Parrotの製品およびサービスの改善に役立てるかどうかを決めることができます。データを匿名で共有したり、Parrotのアカウントにリンクさせたりするには、ユーザーはデータの共有を有効にする必要があります(デフォルトでは無効になっています)。

製品仕様

ANAFI USA 機体

折りたたみサイズ 252×104×65mm
展開サイズ 282x373x65mm
重量 500g
最大離陸質量(MTOM) 644g
最大飛行時間 32分
最大水平速度 14.7m/s
最大上昇速度 4m/s
最大降下速度 3m/s
最大耐風性 14.7m/s
最大プロペラ回転数 11,000rpm
1mでの音響パワーレベル 84dB
上昇限度 5,000m(MSL:平均海面)
ジオフェンス ユーザー定義ジオフェンシング
防塵・防滴性 IP53
動作温度 -36°C〜+50°C
温度制限 離陸温度制限なし

セキュリティ

デフォルトでのデータ共有ゼロ
SDカードAES-XTS暗号化(512ビットキー)機能搭載
WPA2 AES CCMP暗号化ネットワーク接続
デジタル署名入りファームウェア

センサー

衛星ナビゲーション GPS、GLONASS、GALILEO
センサー 気圧計・地磁気計
垂直カメラ、ウルトラソナー
慣性ユニット 2×6軸IMU
2×3軸加速度センサー
2×3軸ジャイロスコープ

EOイメージ関連

2センサー 1/2.4″
ズーム デジタルズーム 32x
電子シャッタースピード 1秒~1/10,000秒
ISO感度範囲 100~3200
動画解像度 4K/FHD/HD
動画フォーマット MP4 (H.264)
写真の解像度 ワイド:21MP(FOV84°)
レクティリニア:最大16MP(最大75.5°FOV)
写真フォーマット JPEG、DNG(Digital NeGative RAW)

IRイメージ関連

センサー FLIR BOSON
ズーム デジタルズーム 32x
温度範囲 -40℃~+150℃
熱感度 ≤60 mK
赤外線測定波長範囲 7.5 ~13μm
動画解像度 1280x720px
動画フォーマット MP4 (H.264)
フレームレート 9fps
写真の解像度 320x256px
写真フォーマット JPEG

画像スタビライザー

3カメラIR/EO安定化ジンバル ハイブリッド:3軸
メカニカル:2軸 ロール / ピッチ
エレクトロニクス(EIS): 3軸 ピッチ/ロール/ヨー
制御可能なジンバルチルト範囲 -90°~+90°

高速充電式スマートバッテリー

タイプ 高密度リポ(4.4V×3セル)
容量 3,400mAh
バッテリー駆動時間 32分
充電ポート USB-C
USB-PD(Power Delivery)充電器(別売) 2時間で充電可能
質量 195g
電圧 11.55V
最大充電電力 30W
推奨バッテリー動作温度 -10℃~+43℃

Parrot Skycontroller 4

デバイスを含まないサイズ 238×147×55mm
最大サイズ 315×147×55mm
質量 610g
伝送方式 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n
動作周波数 2.4GHz、UNII-1、UNII-3
ダイレクトビデオストリーム解像度 720p
バッテリー容量 3,350mAh 7.2V
充電時間 3時間45分
バッテリー駆動時間 3時間~6時間(使用機器、充電状態により異なります)
デバイス対応 8インチまでのすべてのスマートフォン、タブレット端末に対応
ポート USB-C×2(充電・接続)、micro-HDMI
防塵性能 IP5X認証

その他の質問

夜間でも見えるLEDライトは搭載されていますか?
機体の腹部にLEDは装備されていますが、その他にはございません。メーカー承認の航行灯もございますので、弊社までお問い合わせください。
バッテリーの交換目安はありますか?
一般的に約300サイクルと言われておりますがご使用頻度や管理によって異なりますので、バッテリーの最大容量が85%以下になってきた時や、Battery information内参照で一部のセルが著しく容量ダウンしている場合には交換が望ましいです。
My Parrotへのログインは必須ですか?
必須ではございません。My Parrotへ登録してログイン状態で飛行することでデバイス間でフライトプランや飛行ログデータをクラウドに保存され引き継げるメリットがあります。
非GPS環境でも飛行できますか?
飛行可能です。下方センサー(垂直カメラ、超音波センサー)を用いて低空時の非GPS環境の機体を制御いたします。水面や反射面(鏡やガラスなど)、特徴点の無い地面上ではセンサーが正常に機能しないことがあるため注意が必要です。
機体とコントローラーのペアリング方法は?
■ペアリング手順
1. 互換性のある microSD カードが ANAFI USA に挿入されていることを確認します。
2. ANAFI USA の電源を押します。
3. Parrot Skycontroller 4 の電源を押します。
4. ドローンとコントローラーをUSB ケーブルで接続します (コントローラーの右ハンドル内のUSB-C ポートに USB-C 接続、ドローンに USB-C 接続)。
5. Parrot Skycontroller 4 の LED が緑色に繰り返し点滅し、ANAFI USA を認識し、ペアリング プロトコルを確立していることを示します。
6. Parrot Skycontroller 4 と ANAFI USA の間の同期を待ちます。コントローラーには濃い青色の LED が点灯します。
7. Parrot Skycontroller 4 の左トリガーがドローンのジンバルを作動させ、同期が完了していることを確認します。
8. コントローラーをドローンから取り外します。
skycontroller4 のLED表示について
緑色に点滅:Skycontroller 4 アップデート中
明るい青と濃い青が交互に表示:ANAFI USAへの接続
水色に点滅:ドローンが設定されていないか、WPAキーが間違っています
安定した濃い青:ANAFI USAに接続しました
紫と濃い青が交互に表示:RTH 進行中
赤と他の色を交互に表示:バッテリー残量低下アラート (ANAFI USA、Skycontroller 4、またはその両方) または RTH アラート
飛行アプリは無料ですか?
無料です。Freeflight6 USAはAppストアまたはGoogle Playからダウンロードください。
障害物回避センサーはありますか?
ありません。
RTH中のキャンセル操作は可能ですか?またOFFにすることは可能ですか?
アプリ内RTHポップアップからキャンセル、またはスティック操作で介入が可能です。なおOFFの設定はありません。
スマートRTH機能とは?またOFFにすることは可能ですか?
RTHとは「Return To Home」を意味します。
高度と離陸点からの距離を考慮して、ドローンは離陸地点またはパイロット位置に戻るために必要なパワーをリアルタイムで計算し、バッテリー残量が不足すると、FreeFlight 6 USA は自動 RTH モードになることを警告します。
アラート ポップアップから自動 RTH をキャンセルすることも可能です。
機体とSkycontroller 3 の通信が遮断された場合、GPS 信号を受信している環境では自動的にホームポイントへ帰還する機能を有しています。GPS 信号を受信していない環境ではホバリング状態となります。
microSD カードをフォーマットするには?
1. FreeFlight 6 USA ギャラリーの SD カード画面の「SD カードのフォーマット」ボタンをタップして、フォーマット オプションにアクセスします。
2. 次の画面でQuick/Fullのいずれかを選択し、フォーマットを開始します。
※どちらのオプションを選択しても、microSD カードの内容がすべて削除されることに注意してください。
室内で動作しますか?
動作しますが飛行には注意が必要です。GPSが受けられない環境下では自動飛行やフォローミーモード、その他RTHなどの支援機能が利用できません。また低空では垂直カメラと超音波センサーの動作モードにより、特徴点の少ない表面で飛行させないことを推奨しています。
バッテリーはどのくらいで充電できますか?
電源に応じてフル充電の時間は異なりますが、おおよその目安は以下の通りです(20℃の場合)。
 ・同封の充電器 200 分~ 240 分
 ・コンピューターまたはモバイルバッテリー 300 分~ 350 分

 ■充電中のLED表示
  LED1点滅: 0% ~ 25% 充電済み
  LED1点灯 / LED2点滅: 25% ~ 50% 充電済み
  LED1,2点灯 / LED3点滅: 50% ~ 75% 充電済み
  LED1,2,3点灯 / LED4点滅: 75 % ~ 100% 充電済み
  LED全消灯: フル充電状態

ANAFI USAにバッテリーが装着されていない場合でも、電源ボタンを押すことでバッテリーの充電状態を確認することができます。
 LED1点灯: 0% ~ 25% 充電済み
 LED1,2点灯: 25% ~ 50% 充電済み
 LED1,2 ,3点灯: 50% ~ 75% 充電済み
 LED全点灯: 75% ~ 100% 充電済み

点灯している LEDの数により、残りの飛行時間を予測することができます。
 LED1点灯: 飛行可能時間 8分未満
 LED1,2点灯: 飛行可能時間 8分~ 16分
 LED1,2 ,3点灯: 飛行可能時間 16分~ 24分
 LED全点灯: 飛行可能時間 24分~ 32分
※飛行可能時間はあくまで目安になりますので、飛行や環境条件等に応じて影響を受けます。

バッテリーの保管方法は?
■ANAFI USAのバッテリーは、耐久性を高め、お手入れを簡単にするために設計されたスリープモードを備えています。
 ・長期間使用しない場合は、半充電状態で保管するのが理想的なためANAFI USAのバッテリーは、10日間使用しない場合、必要に応じて48時間かけて充電率65%まで放電します。
 ・最大12日間使用しないと、スマートバッテリーは65%を超えることのない充電レベルでスリープモードに入りますので、電源ボタンを押してもスリープモードであるためLEDは点灯しません。
 ・スリープモードを解除し、動作可能な状態にするにはバッテリーを充電する必要があります。
 ・ANAFI USAをご使用の前には、必ずスマートバッテリーをフル充電しておくことをお勧めします。

■他のリポバッテリーと同様に、ANAFI USAのスマートバッテリーも取り扱い、輸送、保管には注意が必要です。
 ・充電中は絶対にバッテリーを放置しないでください。
 ・極端な温度(高温、低温)にさらさないでください。
 ・使用後、まだ温かい状態で充電しないでください。(少なくとも20分以上は放置)
 ・破損したり膨れたりしたバッテリーを使用したり、充電しないでください。
 ・乾いた通気性の良い環境で、20℃近くの温度で保管してください。
 ・バッテリーは常に難燃性のバッグまたはケースに入れて持ち運んでください。(機体に取り付けられている場合を除きます。)

■その他の注意点
 ・ANAFI USAのスマートバッテリーは、周囲の温度が+10℃~+45℃の間でしか正常な充電ができないことに注意してください。ANAFI USAを-10℃付近の温度で使用すると、飛行時間は短くなります。
 ・スマートバッテリーの容量のわずかな低下を最小限に抑えるためにも、寒い環境でのフライトを開始する前に、バッテリーをできるだけ温めておくことをお勧めします。

※バッテリーの動作が本章に記載されている内容と一致しない場合や、機体に電源を供給できない場合は、バッテリーをハードリセットする必要があります。
同梱のケーブルで電源に接続し、バッテリーの電源ボタンを15秒間(LEDの動作に関わらず)押し続け、ボタンを放します。
バッテリーのLEDが、緑色と赤色に交互に素早く点滅すれば、ハードリセットは完了です。

基本パッケージには何が含まれますか?
パッケージ内容はこちらをご参照ください。
https://drone.kmtech.jp/parrot-price
カメラのEV値は設定できますか?
-3.0~+3.0の範囲で設定可能です。
プロペラガードはありますか?
メーカーでのリリースはございませんが、メーカー承認の製品がございます。詳細は弊社までお問い合わせください。
緊急時の停止措置は可能ですか?
RTHボタン+離着陸ボタン+録画ボタンの3つを同時に押すことでモーターの緊急停止が可能です。